感想集2017.5.23

櫂タイトル

アルコール依存症と家族について②

≪ハイライト≫
● 話すと心が楽になり、ストレス解消に繋がる
● 話すときは、回りくどい言い方をせずに、簡潔に話す
● 相手の気持ちへの理解を示す
● 相手へ見返りを期待せずに相手を支援する。
● 血縁(家族)よりも 問題縁(仲間ピア)が大切

  • コミュニケーションの大切さを改めて考えさせられました。これから家族との会話を大切にしていきたいです。
  • 今日が始めての参加で、当てはまる部分が多くありました。家族にギャンブルをしている事を打ち明けたりすると何か否定されたり、見捨てられるのか、嫁がパニックになってしまう怖さがあったりして話せなかった。理解者が誰もいない生活をしていた事が分かり、もっと自分の事を理解してくれる人が1人いれば心に余裕が持てると思いました。
  • 良い事を言い、良い人にばかりならず、言いたいことは言える人になりたいと思いました。
  • 自分に当てはまる事が多くありました。子供時代のタイプ、回復のために語る事の大切さ等、再び思い返しながら考えていきたいと思います。正直さがまだまだ欠けているので、自助グループにこれからも通います。
  • 子供時代の私は責任(良い子)タイプだったと思います。ACの特徴である自己信頼感の欠如や自己批判、対人不安や依存も当てはまっていると思いました。話すことが苦手なので、話せるようにしていきたいと思います。
  • 会話、話すことの大切さを感じました。また、他人のことだけを考えるのではなく、まずは自分自身のコンディションを考え、体調管理をしていきたいと考えました。
  • 今回の入院で涙を流す事を覚えました。これからは自分の感情に注意を向け、その感情に忠実に生きていきたいと思います。
  • 自分はコミュニケーションが下手な事は理解していて、話すためにアルコールの力を借りていた所があります。自助グループ等に参加する事でトレーニングしていきたいです。
  • 家族とのコミュニケーションの取り方が悪い方向へ進まない様に、普通の会話が自然に出来る様にしていきたいです。
  • 今日は家族の問題についてでしたが、あまり当てはまる部分は無かったような気がします。一方的に私が話を聞かず行動してきた原因のほうが大きい気がします。
  • コミュニケーション不足だった自分を反省し、今はずいぶん改善できたと思っています。語る事の大切さは入院して実感した最大の事です。これからの生活が楽しみです。
  • アルコール家族に生まれた意識はないのですが、「ACの特徴」や「大人に持ちこされる生きにくさ」がとてもわたしに当てはまり、驚きました。安心して正直に話せる仲間を作る必要があると思いますが、とても難しいです。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.