感想集2018.2.20

通院治療について

≪ハイライト≫
● アルコール依存症は治癒しないが回復する
● 回復過程とは「病気の山」を下りること
● 回復は三原則を継続するかしないかによる

  • 参考になりました。治療は登るのは簡単、下りるのが大変というのが印象的でした。
  • 置かれている環境・立場はそれぞれだが、離脱後の回復については一定の傾向があり、そのことを理解することが治療に大切なことであると感じた。
  • アルコール依存症とうつが関連していると思ってもいませんでしたが、2つとももともとの根っこは同じものなんだと実感しました。実際自殺を考えたと話しておられた方もいて、とても恐ろしい病なんだなと感じました。
  • 退院後もちゃんと通院したいと思います。恨まず、焦って自分を見失わないようにしたいと思います。今回は途中退出しましたが、次回はちゃんと最後まで聞けるようにしたいです。
  • 退院まで残り2週間。モヤモヤがすっきりしたと同時に残された時間を大切にしようと思った。
  • これからは正直に焦らず、隠さずに生活し、毎日1日1日を大切にして禁酒を続け、三原則を大事にしたいと思います。
  • 回復に時間がかかることを自覚して焦らず治療していきたい。
  • 思っていることを少しは話せた。グループの方々の話をもっと聞きたいし、私ももっと話したい(聞いてもらいたい)。早朝例会で退院される方が2人いた。立派な挨拶をされていた。私も努力してあのようになって退院したい。
  • 初めて入院したので、勝手がわからず、他の人のやってることを見よう見まねでやってみてます。
  • 治療後再発するのに恨み、あせり、不正直の三大心理的要因があるのがわかりました。
  • 改めて禁酒を一生継続することを誓った。
  • 再発の三大要因についてよくわかりました。
  • アルコール依存症は簡単に治る病気ではなく、時間をかけて治していきたいと思います。
  • 回復は三原則を継続するかしないかによります!
  • 時間をかけてアルコール依存症と付き合いながら回復に努めます。ストレス、怒り、うつ、あせり等も時間とゆとりを持って付き合います。
  • 私の症状は今日のセミナーのど真ん中を進行中です。かなり焦ってます。退院後が不安でいっぱいです。
  • 回復の三原則の維持の大切さがよくわかった。
  • 回復の道程がどういう過程が良いのか認識できたような気がする。
  • 楽しいおしゃべりでコミュニケーションを取りながら、三原則をしっかり守り、ゆっくり山を下りたいと思いました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.