感想集2018.10.30

通院治療について

≪ハイライト≫
● 再発の三大心理的要因は「恨み」「あせり」「不正直」
● 回復には人の力を借りることが必要
● 正直であることが、再発予防になる

  • 回復への時間の大切さ、薬の大切さ。これから退院して怒り、焦り、恨みなど出ると思います。うつ病にならないように正直にやっていきたいと思います。
  • 昨夜も寝不足が続き、途中ウトウトとしてしまったのですが、プロジェクターで後でもう一度確認してみると、やはり三大心理的要因(以前にも同じ症状)が関係している事がわかり、男らしい人がなるということが多いと伺い、正に私の事だ!!と思いました。治るまで三年かかるというのも驚きでしたが、治します!!その努力はします。自分のために。
  • 一生治らないはショックでした。【回復のためにお金を使う】は心に響きました。
  • 断酒人格を作るのはとても大変だと思いますが、断酒人格になった自分を知りたいと思いました。
  • 回復は三原則を継続するかしないかによる。その三原則を破り、仕事を選んでしまい、また病院にお世話になり、反省しております。
  • 脳の病気で一生治らない。スリップしても気にするな!!うつになるよりよっぽどマシ。自分はうつでも不眠でもないことに感謝。
  • 回復は三原則の繰り返ししかない。①恨み②焦り③不正直を乗り越えること。
  • 初めて参加しましたが、大変勉強になる講話でした。
  • 退院後すぐにでも仕事を復帰しようと思っていましたが、焦らず、考え直そうと思います。
  • いつも焦りがあり、他人のことを気にして回復を急ぎすぎていました。自分を大切にして、正直に話せる場として、自助グループに行きたいと思います。しらふで楽しみができてから仕事に行きたいです。他人を信じて、愚痴を言える場所である自助グループに行きたいです。
  • ギャンブル障害には抗酒剤のような薬は無いので、自助グループへの参加を薬代わりとし、家族関係の問題に向き合って治療していきたい。
  • 今回のお話も私には当てはまるところがたくさんありまして、これからの人生もしっかり生きていこうと思いました。
  • 回復には時間がかかることがわかりました。嘘から始まる病気だとわかりました。
  • 入院中に【不正直】だけでも直したいと思います。
  • 前回の退院の時は自分の中で仕事について焦りがあり、退院して3日目で仕事に復帰し、ストレスがたまってスリップしたと思います。今回は焦らずゆっくり社会に戻っていきたいと思います。
  • 自分自身、あまりストレスをためないように、楽しく、1日1日を大事に過ごしたいと思います。
  • 治療には長い時間がかかるなことがわかりました。焦らずスリップしないように取り組みたいと思います。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.