感想集2019.1.29

自助グループについて

≪ハイライト≫
● 回復の為の三原則
● 断酒会は「家族主義」
● AAは「個人主義}
● 『飲む」「飲まない」はわずかの差  一喜一憂しない
● 大切なことは、治療を続けること 回復とは「人とつながること」「聞くこと」

  • 自助グループ(断酒会、AA)における手法、考え方の違いについて学び、自分なりに認識の変化を感じました。自分に合う相互援助を探したいと思います。
  • 「スリップ」という言葉がどうして使われるようになったのか、今日初めて知りました。
  • 断酒会とAAの違いがわかりました。退院後、自分に合う自助グループを見つけたいと思いました。
  • 断酒会は「家族主義」、AAは「個人主義」という例えが違いを聞く上でとても分かりやすかったです。回復に向かう上での「おしゃべり」の大切さ、自分はもう治ったと思い込まず治療を続けていく事の重要さも改めて考えさせられるお話でした。
  • 断酒会とAAの違いが分かりました。断酒は山登りと同じでゆっくり考えていって、飲酒しないように頑張っていきたいと思います。
  • 断酒会とAAの違い、自助グループへ参加する意義を分かりやすくご講義していただきました。入院時に教えていただいた回復のための三原則のうち自助グループへの参加が必要な訳、「同じ病気で苦しんでいるから」だという事が理解できました。自分に合った自助グループを探したいと思います。
  • 入院して早3ヶ月、これまでAOSで勉強してきて、一番知りたかったAAと断酒会の違いが分かり良かったです。退院後も断酒会やAAに参加できるよう頑張りたい。
  • 改めてお話を聞いて、依存症は一人ではどうにも出来ないものなのだなと思いました。入院させて頂いて10日近くたちましたので、もっと自助グループやAA、又は看護師さんたちに協力して頂き自分をわかっていきたいと思いました。
  • 今日のセミナーで自分に合った正しい山の下り方をよく考えようと思いました。
  • 断酒会とAAの違い、退院まで自分に合った自助グループを探したいと思います。
  • 石川先生の声に癒され穏やかで和やかな気持ちになります。また、聞くこと思いを伝える事の大切さや自助グループへの参加の意味が良く理解できました。入院中にそれを踏まえて考えていきたいと思いました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.