感想集2019.2.19

アルコールについて

≪ハイライト≫
● アルコール依存は薬物依存を合併しやすい
● アルコールは覚醒剤、大麻よりも依存性が強い
● アルコールという名のドラッグ
● アルコール=こころを2つに分けるもの

  • お酒から薬へ移行しないように気をつけたいと思いました。
  • アルコールに頼らず自分自身をしっかり持ちたいです。
  • アルコールの怖さを思い知りました。アルコールは身体にも影響することを甘く見ていたので気をつけようと思いました。
  • アルコールはドラックであることが分かり改めて自分にとっての断酒の必要性を感じました。
  • ドラックとアルコールのことは甘く見ていましたが、今日の話を聞いて他人事ではないと思いました。これからは気をつけて向き合っていかなければならないと思いました。
  • 断酒の決意が固まりました。良いプログラムでした。
  • アルコールに対しての認識不足を痛感させられました。
  • アルコール依存とドラックは違う物と思っていました。だけどコカインなどよりもアルコールの方がずっと身体を痛めつけていることを知りました。アルコールをやめたいと思いました。
  • アルコールというよりドラッグ。アルコールの恐ろしさ、身体に及ぼす悪影響を改めて感じさせられました。絶対に治します。治して見せます。とても勉強になりました。
  • 今回のAOSで改めて酒に対する「負」の認識を強めました。酒類以外のドラッグ(合法非合法)は法律でその使用を制限又は禁止を規定していますが、酒に関しては皆無に等しく、成人すれば誰でも手に入れる事ができるし、飲むことも出来る。しかし限度を超え依存症になるとドラックと同等又はてにいれやすさから、それ以上に危険が増すという事が分かりました。
  • アルコール飲酒の「気軽さ」と回復の「過重」を知ることが出来ました。
  • アルコールはドラッグであることを改めて認識した。アルコールが心身に及ぼす影響がヘロインやモルヒネとあまり変わらないこと、コカインよりも有害であることに驚いた。
  • アルコールが有害な薬物になると知りびっくりしました。色々と勉強になりました。ありがとうございました。
  • アルコールに対しての考え方が「飲料」というものから「危険な薬物」というものに変わりました。もっとたくさんの勉強をし、この病気と闘って行きたいです。
  • 病気についての理解が深まったので良かったです。
  • アルコールは改めて薬物と同じ物だと感じました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.