感想集2019.3.12

アルコールと内臓疾患

≪ハイライト≫
● 禁酒により症状は改善
● 飲酒は胎児にも影響が与える

  • アルコールは身体にいいことは1つも無い事が分かりました。
  • アルコールでこんなにたくさんの疾患になるとは思っていませんでした。良い勉強になりました。
  • アルコールが様々な臓器に悪影響を与える事が分かりました。重度な病気を患う前に治療できたことに感謝します。
  • 今日、話を聞いて改めて色々と当てはまっていました。気をつけます。
  • アルコールと内臓というテーマだが、自分の症状や病気に当てはまる所が多数あった。あと3ヶ月の間にアルコール依存症以外にも極力治していきたい。
  • アルコールという毒による様々な病気、特に肝臓等の症状がどのように発症するのかが良くわかりました。再飲酒した場合のリスクが高いのには驚きました。
  • アルコールは様々な病気を引き起こすのだと改めて勉強になりました。私は、2回膵炎をしているので、慢性膵炎から糖尿病にならない為にもお酒をやめて、健康な身体作りをしないといけないなと思いました。
  • セミナーを受講して飲酒をすることが怖くなりました。少しではありますが断酒の意志が強くなりました。
  • アルコールは人体には様々な悪影響になる事を知る様になりました。もし飲酒をする前にこんな知識があればよかったと思います。ありがとうございました。
  • アルコール依存症患者の肝硬変死亡者率の高さに驚きました。このまま断酒を継続させていきたいです。
  • 飲酒する事で色々な臓器の病気に繋がることが分かった。子供にも影響するので家の人にも教えたいと思いました。
  • アルコールによる様々な内臓疾患について、とても分かりやすく説明して頂きよく理解できました。
  • アルコール依存から感染する病気、とても恐ろしいですね。家族のためにも早く治していきます。
  • アルコールが体に及ぼす悪影響を知ることがとても良かったです。特に妊婦の女性がアルコールを飲むと胎児にとても悲しい影響がある事を具体的に学べてアルコールの怖さを再確認させられました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.