感想集2019.8.13

アルコールについて

≪ハイライト≫
● アルコール依存は薬物依存を合併しやすい
● アルコールは覚醒剤、大麻よりも依存性が強い
● アルコールという名のドラッグ
● アルコール=こころを2つに分けるもの

  • 改めてアルコールの恐ろしさを知りました。
  • アルコールは有害薬物トップで精神障害、臓器障害の病気に私は当てはまっています。これ以上身体を悪化させないために今後一切アルコールはやめます。
  • アルコールの有害さと他人への悪影響・自己における悪影響を知り驚きました。
  • アルコールが有害な薬物で一番恐ろしい物とは全く無知でした。暴力・自殺・肝臓へのダメージも大変なものと知りそのため家庭や人間関係、社会にも大変な問題をかけることを知り、東北会病院に入院しなければこれからの自分はないことに気付きました。今まで恐ろしい物を飲んでいました。
  • 私がいつも飲んでいるアルコールは簡単に手に入る薬物であり人体に最も悪い悪影響を及ぼし、他人や家族をダメにすることに気付き、今まで事故にならなかったのが幸いです。
  • アルコールは最も古い害のある薬物のひとつであること。その害は摂取者だけではなく多岐に渡り影響を及ぼすことに改めて驚いた。その危険性が広く理解され、心の健康を目指す開かれた社会になる事を望みたい。
  • アルコールは私が思っていた以上に危険な物なんだと思いました。その作用や影響はヘロイン、モルヒネに次ぐほどであり有害な薬物の順番としては自己及び他者に有害な物として最も危険とのこと。そのような物を毎日毎日飲み続けていたと思うとぞっとします。これ以上悪くならないように断酒していきます。
  • アルコールは覚醒剤などよりも危険な物質である事が改めて分かりました。個人的に思ったのはこのセミナーをもっと若年層にも普及させるために高校などでも講義されても良いのかなと思った。
  •  

    This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.