感想集2020.1.7

アルコール依存症と家族について①

≪ハイライト≫
● 依存症は本人だけではなく家族全体の問題
● 多問題家族・機能不全家族
● 家族が変わるとアルコホリックも変わる
 まず、家族自身が楽になりましょう

  • 無力を認め、他人に助けを求め、他人を求める自分に気付く事が孤独からの解放に繋がることがよくわかりました。今後の回復に繋げていければと思います。
  • 家族が変わるとアルコホリックが変わると講義で言っていたが、自分が行動で回復中なことを示して、家族にはいつも通り変わらない生活を送って欲しいと思いました。
  • 依存症者の家族はとても複雑だなと思いました。まず家族が自分自身を大事にすること。家族が変われば依存症者も変わる。
  • 今年新しい家族が増えます。アルコール依存症の病気について責任を感じる一時間でした。
  • 自分の依存症で家族、世代間への悪影響を与える事に後悔ばかりです。家族にも聞いてもらいたい講義でした。
  • 身につまされる思いで拝聴させていただきました。妻や子供達にかなり負担をかけていたかと思うと、これからの行き方を熱考せねばと心にかたく誓いました。
  • 子供が親に気を使っているというお話に心がざわつきました。セミナーは初めて参加させていただきましたが、今日のお話は残念ながらまだ点です。今後自分にとってこの点が面に展開すればいいなと感じました。
  • 今一度、小さい頃の自分と家族の関係はどうだったか考えてみようと思います。
  • 小さい頃に親に甘えられなく育った人が何かに依存してしまう事がわかってよかったと思います。
  • 家族に変わってもらう前に自分自身が変わる努力をしなければならないと思いました。それで家族がよくなっていけばいいなと思います。
  • アルコホリックは一人では変われないことを理解する事はとても難しいとは思いますが、それでも見誤らないような適切なコミュニケーションを家族のなかでとっていければ障害は乗り越えられると思いました。
  • アルコール依存症を持つ家族にとって妻(家族)の役割が大きいことを知りました。その中でも妻と娘の関係が強く影響を及ぼす事も知る事が出来ました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.