感想集2020.2.18

アルコールについて

≪ハイライト≫
● アルコール依存は薬物依存を合併しやすい
● アルコールは覚醒剤、大麻よりも依存性が強い
● アルコールという名のドラッグ
● アルコール=こころを2つに分けるもの

  • 酒も覚醒剤、大麻などと同じだと初めて知りました。何年にも渡り危険な事をしていたと思うとゾッとします。
  • アルコールというものが他のドラッグ以上にキケンなものだということがよく分かりました。
  • 依存症とアルコールについてわかりやすく、とくに影響はすごいと思った。
  • アルコールが禁止されてるアメリカの州がある理由がわかった気がしました。アルコール=ドラッグは恐ろしいと思いました。
  • アルコールが非常に強い精神作用物質である事がわかった。様々な問題を引き起こす原因になりうるものである事を知った。
  • 日本人が飲酒大国であることや、いかにドラッグより危険だということを雑談を加えながらの説明でよく理解できたと思う。
  • 有害な薬物の中でも、アルコールが総合第一位と知りびっくりしました。色々と勉強になり、ありがとうございました。
  • アルコールがうつ病や嫉妬妄想につながっていくことにビックリした。いろんな病気に繋がっていく事に気付きました。
  • アルコール=ドラッグ。個人的に昔からそう思ってました。改めて思い出し考え、いいこと悪いこと、いろんな事を学びました。
  • アルコールは「ドラッグ」精神作用物質である。アルコールは脳を萎縮し認知症を早め、又精神作用として色々な問題を起こす引き金となる。
  • アルコールの薬物乱用が世界で一番と聞き大変勉強になりました。
  • 飲酒時の事を思い出してみました。やはりコカインや大麻等と同じドラッグであるという事を再認識させられる回でした。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.