感想集2020.3.25

依存症(嗜癖)の心理

  ≪ハイライト≫
● 子供のとき親しい大人にうまく甘える事ができなかった場合、アルコール依存症になりやすい
● 私は私、あなたはあなた
● 不安になればなるほど飲酒したくなる

  • 私は他人にうまくあまえることが苦手だなとあらためて思いました。1~2歳頃の愛着と脱愛着というものはあまり問題なかったようであるが、その後の母親との関わりが悪すぎたのだと思っています。引き続きコミュニケーションを大切に人を信頼できるようにしていきたいと思います。
  • アルコール依存症の根っこが2~3歳の頃にあると言うのに驚きました。なるべく一人にならないで仲間と過ごすという所では、自助会とかに参加することは良いことだと思いました。
  • 依存になる要因の一端が幼少期に存在する説が興味深かったです。環境ネズミの実験では自分に当てはまる点が何点かあったので参考にして対応していきたいです。
  • 幼少期に依存症になるかならないかが決まるのは恐ろしいと思いました。家庭環境が大きく関わってくる事を知りました。孤独というのは本当に良くないとも思いました。
  • 幼少期の大人との関わりがその後の人生の生き辛さに関わっている事、ラットパーク実験における環境の差で薬物を摂取しなくなるという結果になることが興味深かった。
  • 私は子供のころを思い出すと母親以外の大人には上手く甘えられなかったと思います。今この病院に来て、人に頼り、人と話し、人との付き合いが上手くなったと思います。孤独ネズミにならず良い仲間との付き合いを大事にしていこうと思います。
  • 人間関係の上下、縦横関係がとても生きて行くためには大事な事だと思いました。
  • 人に上手に甘えられないことを思い出した。人付き合いの仕方を勉強していきたい。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.