感想集2020.4.21

回復の三原則
>①相互支援(自助グループ)について

≪ハイライト≫
● 回復の為の三原則
● 断酒会は「家族主義」
● AAは「個人主義}
● 『飲む」「飲まない」はわずかの差
   一喜一憂しない
● 大切なことは、治療を続けること
回復とは「人とつながること」「聞くこと」

  • AAと断酒会の違い、また三原則についての知識を得ることができました。
  • 一人にならないように安全な場、自助会に通い、仲間と良い関係を築き、回復していきたいです。
  • 自分ひとりで回復するのは、難しいとわかりました。
  • おしゃべりする事、語る事の大切さがわかりました。世界的に新型コロナウイルスで、依存症の人達が苦しんでいると聞いたので、オンラインなどを活用できたらとおもいます。
  • 自助グループを大切にしようと思いました。
  • 語ることの重要さについて改めて認識することができた。承認してもらえる場というのは中々、自然にできるようなものではないので、断酒会という場を活用していきたいと思った。
  • 依存症は脳の病気であり、根性・気力が無いためではない。回復には、急がず、グループに加入して話す、話を聞いてもらうことが大切であります。
  • 断酒会とAAの違いがようやくわかった。
  • 断酒会とAAのグループがある事は知っていたのですが、自分はどのグループが適しているのか?考えたいと思います。
  • 自助会人数の少なさにとても驚いた。生活拠点を山形県にするか、仙台にするか、以前悩んだけれど治療の為にはいいと考えて、仙台に戻ってきたことは正解でした。ゆくゆくは仙台のグループ人口が増えることを願うと共に、自らもその一部として活動していこうと思います。
  • 今まで断酒会とAAの違いがよくわかりませんでしたが、今日の講義でよくわかりました。話す事と人の話を聞いてあげることの大切さ、入院して身に染みてわかりました。コロナのせいで自助グループがないのが残念です。
  • アルコール依存には自助グループが大切なんだと思いました。
  • 人に話を聞いてもらうこと、話を聞くことの大切さ、うれしさを入院生活で知ることができた。自助会に通ってストレスを溜め込まない生活を送りたい。
  • 自分の思いを人に話す、コミュニケーションをとる事の大切さがよくわかりました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.