感想集2020.5.19

アルコールについて

≪ハイライト≫
● アルコール依存は薬物依存を合併しやすい
● アルコールは覚醒剤、大麻よりも依存性が強い
● アルコールという名のドラッグ
● アルコール=こころを2つに分けるもの

  • アルコール(ドラッグ)の怖さが改めてわかりました。自分を責める人ほどドラッグを必要としてしまう。私もそうだなと思いました。
  • アルコールの利用の仕方が確かに初めは人付き合いのためであったのにいつの頃からか安心を目的に用いていました。飲んでいないと不安になるのでやめられず、、、という連続飲酒が終わりの頃には待っていました。不安は誰にでもあるのだと冷静に対応し素面での人付き合いをたくさんして経験していくつもりです。
  • 私はアルコールしか飲んだ事はありませんが飲むと気分が下がります。このままではダメだと思うのですがなかなか止められません。諦めないで断酒したいと思います。
  • アルコールはドラッグであり人類よりも古い物質で現在の物であれば禁止になりうる点です。手ごろに付き合っていたアルコールでしたが有害な薬物を口にしていたと思うと背筋が凍る気持ちです。また睡眠薬、鎮静剤はアルコールタブレットと呼ばれる物でした。深く考えずに飲んでいたこと、もっと学んでいきたいと思います。
  • アルコールは薬物であること、アルコールはさまざまな問題を引き起こす事がわかり勉強になりました。
  • ドラッグの中でアルコールは最も有害な薬物であるという事を聞いて大変驚きました。アルコールの飲み始めは友達とわいわいやりながら飲んでいたものが段々と一人で引きこもって飲むようになったが本来の目的とはずれた飲み方である事がわかった。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.