感想集2020.7.7

アルコール依存症と家族について①

≪ハイライト≫
● 心の病気は3代前から始まっている。情報収集、背景を見る際は3代前から幼少児の事を見る必要がある事を知った。

  • 石川先生の事例でお話が会ったように、私の娘(5歳)もここ数年で私(父)の事を気にかける発言が多くなり「パパが淋しくなるから」「パパがかわいそうだから」などの言葉を掛けてくれます。すでに家族を巻き込んでいると実感しました。今回のAOSの内容は個人的には妻にも受講してほしいと思います。子供にストレスを与えず、家族として再出発できればと思います。
  • 今回の話ではアルコール依存症と家族について学ぶことができた。特に「飲酒維持期での本人と家族の関係」が印象的で飲酒をする本人に対する本人に対しそれを支える家族がいることその支えは本人がなくなるまで繰り返されるその大変さを知ることが出来た。
  • 依存症には多くの種類がありますが、根は一緒だという事が分かりました。家族問題についてですが私の場合は生まれてから環境に良い状態で育ててもらったので当てはまる所はなかったので原因を知るべきだと思いますが、回復するために何をすべきかを考えていたいと思います。
  • 多問題家族の事例の紹介には唖然とし、現実を知りました。
  • 今回の話を聞いて思った事は自分だけの問題ではなく家族全体の問題という事がよく分かりました。子と母の関係、子と父の関係、父と母の関係が依存症と深く関係していることが分かっててとても参考になりました。
  • 私はアルコールではないけれどとても共感できる部分が多くて家族にもぜひ今日の話を聞いてもらえることが出来ればと思いました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.