感想集2020.7.21

回復の三原則
①相互支援(自助グループ)について

≪ハイライト≫
● 「病院に行き、薬を飲むより自助グループに参加する方が大事」
● 一人だと難しいが、支えになってくれる人がいたらお酒をやめられる可能性が高くなる

  • アルコール依存症の回復のステップである「無力・信じる・任せる」を踏んでいくには長い長い道のりだと思いました。自分の今後の人生のために断酒会とAAの考え方はどちらがいいのかを考えて付き合っていきたいです。
  • 私自身が言語化して表現していることが少ない。時系列を言葉で語ることは出来ていても、その結果どう思った、どう感じたかを伝えられていないのではないかとの指摘を受けたことがありました。喜怒哀楽を表に出して堅苦しく、噛まずに、自分の感情を遠慮しないで生きてみたいと思いました。
  • 「飲む」「飲まない」はわずかの差であり、自助グループに参加しながら40%の回復を目指し、時間をかけて山を下り新しい生き方を見つけることが必要だと思いました。
  • 断酒会とAAの違いにおいて「新しい生き方の創造」を禁酒の前後どちらに優先させるか自分にあった方を両社の体験を通じ確認したい。回復には自助会、言葉、感情が重要という最後の話が印象に残りました。
  • 自助グループの有難さ、仲間の大切さを今回の入院生活で痛感しました。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.