感想集2020.11.10

アフターケアについて

≪ハイライト≫
● 回復過程とは「病気の山」を下りること
● 回復は三原則を継続するかしないかによる

  • 抗酒剤、抗喝酒剤の大切さが良く分かりました。ただ、それを服用したらよいというわけではなく家族の信用、信頼も大切な事が分かりました。HALTに気を付けて自分の気持ちに正直になって回復していきたいと思いました。
  • 依存症とは病的欲求と行動の病気であると聞きました。回復の三原則を遂行する事により「今日一日」の「飲酒をやめたい」という欲求とその願いを行動に変えていく事の大切さを再確認しました。
  • 思い当たる面が多々あるとともに家族間の接し方について考えさせられました。
  • 自分自身の考えを変えて家族や仲間、関係者へ正直に話す事の大切さを改めて認識しました。そして、アルコールへの依存ではなく人との繋がりを大切にし、新たな生活パターンを見つけることが必要だと思いました。
  • 自分が依存症という事を気づいてくれた家族やドクター、治療入院を許可してくれた方々に感謝したいです。回復して以前のような日常生活が送れるようにしたいと思います。
  • アルコール依存症は脳の病気であることを再確認しました。自分もいい機会ですので断酒します。特に家族の為に頑張ります。
  • 今回初めてAOSに参加し、アルコール及び薬の怖さを知り、改めて勉強になりました。この期に全てを断ち早く社会復帰したいと思います。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.