感想集2020.11.17

アルコールについて

≪ハイライト≫
● アルコール依存は薬物依存を合併しやすい
● アルコールは覚醒剤、大麻よりも依存性が強い
● アルコールという名のドラッグ
● アルコール=こころを2つに分けるもの

  • 自分はアルコール依存症と認めていますが、若い時からお酒を「美味しい」と感じて飲んでいたわけではなく、「酔い」たいから飲むという事の繰り返しでした。まさしく、今回のAOSの中にあった「ドラッグ」としてのアルコールに依存していたと改めて感じさせて頂きました。
  • 普段「ドラッグ」という言葉をよく耳にし使いますが、本質的に理解できませんでしたが、今回のセミナーで種類、害等について少し理解出来ました。
  • 改めてアルコールの有害性(恐ろしさ)に気付いたセミナーでした。コンビニやスーパーで一般的に売られているせいか、ドラッグよりも有害性があり特に他者への有害の危険性の大きさに心が締め付けられる気持ちになりました。
  • テレビ等で薬物依存は怖いと思って見てましたが、アルコールも薬物と一緒なんだと思いました。自分から危ない道に進んでいたことがわかりました。
  • アルコールは新しい人格を作るという事が一番びっくりしました。アルコールを飲んでいる時の自分はアルコールが作りあげた人物だと思うととても怖いと思いました。
  • 精神作用物質の心身に及ぼす影響でアルコールが「ミニヘロイン、モルヒネ」的な影響があると知って大変ビックリした。あらためてアルコールはドラッグであることとアルコールは様々な問題を引き起こす事を確認して断酒に努力していこうと思った。
  • アルコールがダウン系の精神抑制剤であり心身へ与える影響が、ヘロインやモルヒネの三分の二もあり、非常に怖いドラッグであることを再認識しました。問題のない飲酒をするには、依存習慣を完全に取り除く必要があると思います。
  • 違法となる薬物よりもアルコールの方が犯罪率が高い事をしりました。AOSを通してより一層知識を深めたいです。
  • This entry was posted in 感想集「櫂」. Bookmark the permalink.

    Comments are closed.