平成29年12月開催ギャンブリング債務(浪費)依存ワークショップ(開始時間:9時半)

ギャンブリング・債務(浪費)依存ワークショップ (本人・家族・関係者のためのプログラム)

ギャンブリング障害は家族全体が病んでいく病です。治療すれば回復可能な病気といわれています。しかし、本人はもちろん、その家族、関係者にとって「ギャンブルを止めるといっても止められないこと、病気とするには抵抗があること」など、多くの悩みを抱えこんでしまう特徴があります。 今回ギャンブリング障害について4つの側面から認識を深め、問題の解決法があるということを知っていただくよう下記のようなプログラムを企画しました。

プログラム
1.12月7日(木) 「ギャンブリング依存症」について 医師
2.12月14日(木) 「債務整理」について 弁護士
3.12月21日(木) 「家族関係と心の悩み」 カウンセラー
4.12月28日(木) 「回復者の話」

ギャンブラーズ・アノニマス メンバー/ ギャマノン・メンバー

[時間]9:30~10:30  講義 10:40~11:40  グループセラピー

[場所] 1F 集団療法室 外来通院者は保険診療によるお支払いがあります ( ご家族の方等は無料です )

*ワークショップは4回構成となっております。プログラムの順番は都合により変更されることがあります。

お問い合わせ:東北会病院 リカバリー支援部 022-234-0461

2017年3,6,9,12月の4回ワーショップ開催予定です。

This entry was posted in お知らせ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.