ギャンブリング障害治療プログラム

初心者治療プログラム

ギャンブリング障害や債務依存からの回復のために本人、家族、関係者に対して教育プログラム(4回1クール年3回)や集団精神療法を毎週木曜日の午前中に開催しております。

【教育プログラム】の主な内容は以下の通りになります。

時間 10:00~11:00
ミーティング 11:15~12:15
(1)ギャンブリング障害について(精神科医)
(2)依存症と家族について(ソーシャルワーカー)
(3)法的なことあれこれ(弁護士)
(4)回復者の話(GA、ギャマノンメンバー)

※4回で1クール、講師の関係で順番の変更、開催回数に変更がある場合があります。

【本人のグループ】 時間9:30~11:30

診察を受けていただき診断後、集団精神療法に参加していただくことができます。
費用は、保険診療が適応になります。

【家族のグループ】 時間10:00~11:30 (毎月第一木曜日)

1回1,050円の費用がかかります。

【個別相談】 時間9:20~10:20 (毎月第一以外の木曜日)予約制

初回相談料5,250円二回目以降3,150円の費用がかかります。
本人の受診後、又は家族自身の個別相談から自分の話をすることで問題の整理をすることや関わり方について学ぶことができます。

※家族からの相談が多いのもこの病気の特徴です。

当院では「衝動制御の障害」に対して依存症(行為嗜癖)からの回復の視点で回復可能な病気であることを信じて関わりを持たせてもらっております。

不本意に身につけてしまった悪い習慣(嗜癖)を克服するためには、過去の体験の振り返りや自分自身の問題に向き合う健康さを取り戻す必要があると考えられます。

家族もまた、「共依存」という関係に気づくことや本人にとらわれず気楽な生き方に自分をゆだねることができるようになることが大切と考えます。

ミーティングを通して“ただやらない”“やめている”だけの回復ではなく、人間として、家族としての成長を回復と考え、各プログラムを開催しております。

詳細はリカバリー支援部ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)へご相談ください。

Comments are closed.